転職するまでの流れ

Pocket

転職に関するCMが増えてきた昨今、転職に興味を持つ方も増えてきていると思います。そこで、退職から転職に至るまでの流れを簡単なことばかりではありますがまとめてみました。

目次

              

一、退職

①退職願・届を書く

転職するにはまず退職をしなければなりません。その場合、「退職願」を会社に出します。「退職願」とはこちらから会社に「退職したい意思」を示す書類であり、その後改めて「退職届」として提出し、正式に辞職するという通告を会社にします。

基本的な書類のフォーマットは転職サイト等を見れば載っていますが、会社によって出し方等も違ってきますので、自社ではどうなのかそれとなく周りに聞いて、書類の出し方を確認しておくのがベストだと思います。

  

②直属の上司に書類を出す

民法第627条には、”雇用契約解約の申し入れ日から2週間経過後には雇用契約は終了する”とありますが、円満退社を目指すなら退職希望日の1ヶ月半から2ヶ月前には直属の上司に伝えるか退職願を出すのが良いかと思います。

何故直属の上司に渡すのかというと、自分の同僚から上司に伝わったり、上司の上の立場の者から退職の話が上司に伝わった場合、上司の部下の管理責任能力を問われる可能性があるためそこは上司を立てて、まずは直属の上司へ相談します。

その後、直属の上司も上と相談したりして、具体的な退職日程を自分と会社互いにすり合わせて決めていくというのがベストです。

   

③離職票を受け取る

退職後すぐに転職先での勤務が決まっている人の場合はこの書類は必要ありませんが、転職先での勤務まで間が空く場合は保険証の効力が切れて、保険料が全額負担になったりするのでこの「離職票」が必要となります。

雇用保険法施工規則第17条により、会社は退職日の翌日から10日以内には退職者に「離職票」を届けないといけません。

    

④求職者給付金(失業手当)を受け取る

この「離職票」は①「離職票-1」②「離職票-2」があり、この2枚と、③マイナンバーカード④身分を証明できる書類(運転免許証等)⑤本人の印鑑⑥本人写真2枚(縦3.0cm×横2.5cm)⑦本人名義の預金通帳の、この7つがあればハローワークにて求職者給付金(失業手当)を受け取ることができます。ただし、既に転職先が決まっている人は受け取れません。また、雇用保険法第13条にて、離職日以前の2年間に12ヶ月以上被保険者期間がないと受け取れないので注意が必要です。

給付の開始は、

  • 解雇・定年・契約の終了で離職→離職後各種申請を出して1週間経過後支給
  • 自己都合・懲戒解雇等で離職→ 離職後各種申請を出して1週間と3ヶ月経過後支給

1日当りの給付額は、”(離職以前6ヶ月の給料の合計額/180)×50~80%”の数式で計算できます。詳しい割合についてはハローワークの窓口で確認の上計算して下さい。

     

⑤保険証の切り替え

また、希望すれば「退職証明書」を受け取ることができます。労働基準法第22条にて会社側は、退職者が希望すればこの退職証明書を渡すことが義務付けられています。

「離職票」は退職日からの作成となるため作成に時間がかかり、手元に届くには退職日から1週間近くかかると思います。しかし、「退職証明書」は退職日までに作成することが可能なので、退職日の翌日には普通は受け取ることが可能です。

①この証明書か「「離職票」、もしくは「社会保険の資格喪失証明書」②身分を証明できる書類(運転免許証等)、③本人の印鑑の3つがあれば保険証の切り替えが市役所で行えるので、すぐに保険証の切り替えをしたい方はもらっておいた方が良いでしょう。

               

二、転職

地元で探したいならハローワーク、特に勤務地に希望がない場合は転職サイトを利用するのが良いでしょう。また、退職後に仕事を探すのであれば、上記退職手続き時に「再就職手当」の制度を受けることができます。これは求職者給付金(失業手当)とは別物です。

      

再就職手当とは

「再就職手当」とは簡単に言うと、失業した人が次の仕事に就いて給料を貰うまでの間の無給期間を支援する目的や、次の就職先を探すモチベーションを上げるために作られた制度です(雇用保険法第56条の3)。要は、失業手当を受け取るまで(自己都合退職の場合は受給まで1週間と3ヶ月かかる)に再就職できたら助成金をあげるよというものです。

  • 失業手当支給までの残り日数が3分の2以上残して再就職できた場合
    • →手当の支給残日数の70%の額を支給
  • 失業手当支給までの残り日数が3分の2以上残して再就職できた場合
    • → 手当の支給残日数の60%の額を支給

支給額は上記となっています。詳しくはハローワークの窓口等で確認の上計算して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です